ブログ外注を成功させる3つの秘訣

【最短1ヶ月】築5年以上の住宅の95%が平均193万円を受給!?損しないための火災保険の使い方

こんな方々におすすめの記事です!
住宅を購入して数年が経ち、修繕を検討している

火災保険の申請の仕方がわからない

できるだけ多くの保険金を受け取りたい

この違いはなぜ生まれるのでしょうか?

あなたは、どうしてこのような違いが生まれるかお分かりになりますか?

給料の差でしょうか?
無駄遣いの多さでしょうか?
それともお子様にかかる学費の違いでしょうか?

どれも間違いです。

この違いは、『火災保険をうまく活用する方法を知っているかどうか』という点から生じたものなのです。

この記事では、あなたが損をしないように火災保険の上手な活用方法を紹介していきます!

知っている人はもらっている!火災保険給付金の真実

火災保険の上手な活用の仕方を知らない限りあなたは今後損をし続けてしまう可能性があります。火事等が起こっていないにも関わらず、平均193万円を受給している家庭もあれば、そうでない家庭もあるんです。

実際に、給付金を受け取っている人たちはどれくらいの額を受給しているのか事例を見てみましょう。

受給者の実例

注意
受け取った保険金の使用用途は完全自由となっておりますが、修繕に使用していないと次回以降の申請に影響が出る場合があります。

「対象は火事だけ。」あなたはこんな間違った認識をしていませんか?

あなたは、火災保険についてこんな間違った認識をしていないでしょうか?

  • 火事や地震が起きた際にしか申請できない。
  • 建物以外の損傷については申請できない。
  • 過去の被害については申請できない。

こういった認識は全て間違いです。

「家電やイヤフォンなんかも対象!」意外と身近な火災保険の適用範囲

あなたが知らなかったように、火災保険の適用範囲については一般的に認識されていません。
実は、火災や地震による被害だけでなく、大雨、台風、積雪、落雷など、火災保険の適用範囲はとても広いんです!

また、タイトルにもあるように冷蔵庫や洗濯機などの家電の傷Airpodsなど電子機器の故障も対象となる場合があります!
ここでミソなのが、被災していない場合でも対象となる可能性があるということです!

「昔の傷だし今更遅いかも、、、」と思われる方もいらっしゃいますが、直近の被害だけでなく過去の被害についても申請することが可能です。

注意
保険法第95条により申請期限は3年以内とされております。

火災保険対象チェックの無料相談はコチラ

対象となり得る損害箇所の例

では、実際にどのような損害、傷が火災保険適用の対象となるのでしょう?

ここでいくつか対象となり得る事例をご紹介致します。

ケース1 外壁

ケース2 屋根

ケース3 コンクリートひび割れ

ケース4 冷蔵庫

ケース5 洗面台

このように、どこの家にでもありそうな屋根瓦の傷”・”壁の傷み”・”雨どいの歪み”などが対処となる他、”家電など屋内の家財”についても対象となり得るのです!

前述した通り被災していなくても対象となる可能性がありますが、ご自身で判断されるのはとても難しいと思いますので専門家へ依頼されることをオススメします。

火災保険対象チェックの無料相談はコチラ

保険会社は教えてくれない!損しない火災保険の申請方法

申請の流れ

まず前提として、保険会社には原則として「請求主義」というものがあり、私たち自身で正しく申請しない限り保険金は支払ってはもらえません

そんな火災保険の申請の流れは以下の通りになります。

個人で申請するにはとても難易度が高い

上記流れの中でも特に厄介なのが「③書類提出」です。その際に調べなければいけない項目が以下の通りになります。

  1. 被害箇所について
  2. 被害箇所の原因について
  3. 被害発生の時期について

①の被害箇所については、前述の適用範囲を基に何が適用となるかならないかを自ら判断しなければなりません

②、③の原因・時期についても保険会社から適用範囲内と判断されるように正確に書類を作成しなければなりません。

この3つの壁を乗り越えることができず、本来なら平均193万円受給できるところを、30万円〜50万円程度の受給に留まってしまうことが大半です。

では、受給している人たちはどうやっているのでしょうか?

答えは、火災保険申請サポート会社を利用しているということです。

火災保険申請サポートを利用して給付金をGETするにはコチラ

悪徳業者に注意!火災保険申請サポート会社の選定基準

火災保険申請サポート会社を使うメリット

火災保険申請サポート会社を利用すると、以下のようなメリットがあります!

  • 専門家が被害箇所を隈なく徹底的に調査してくれる
  • 被害箇所の原因、時期など面倒な調査を代行してくれる
  • 見積もりは無料で行ってくれる。

しかし、火災保険申請サポート会社については悪徳業者も多くひどい目に合われている方も多いです。2019年の大型台風以降、悪徳業者による被害件数は5,447件にまで上っております。(参考:「『保険金が使える』と勧誘する住宅修理サービスの年度別件数(国民生活センター)」)

悪徳業者の特徴

以下、悪徳業者の特徴をまとめます!このような業者には注意してください。

悪徳業者の特徴
相談実績が著しく少ない(1,000〜2,000件程度)

申請自体を業者が行う(法律違反です。)

手数料を40〜50%取る

安全な火災保険申請サポートを利用して給付金をGETするにはコチラ

私がおすすめする「保険申請の窓口」

上記の悪徳業者に該当せず、優良なサポート会社としてお勧めするのが「保険申請の窓口」です!

保険申請の窓口の特徴
相談実績が5,000件以上

手数料が35%と相場通り

電話またはWEBでわずか30秒で申し込み可能

現地調査を無料で行える

保険金を受給できない場合、料金は一切かからない

実際に利用したお客様の喜びの声

無料調査は1日10件まで!ご予約はお早めに

現在保険申請の窓口では多くのご予約が殺到しています。そんな中でも質の高い調査を実施するために1日のご予約件数を10件に絞っております。

  • 自分だけで申請を行い、受給額を損したくない
  • 給付金を受け取り実費負担なしでリフォームを行いたい
  • 給付金を利用して欲しかったものを買いたい

もしこのように思われているのであれば、一度無料調査を依頼されてみてはいかがでしょうか?

P.S. 個人で申請してしまうと損をする可能性がある

個人で申請をした場合、保険金の平均受給額は30〜50万円ほどだそうです。

火災保険申請サポート業者を利用すると、受け取った保険金から手数料を差し引かれます。しかしそれを考慮しても個人で申請するよりも高い額を受給できます。

こんなことをお考えではないですか?
すぐにお金が欲しい。

臨時収入が欲しい。

修繕費を自費で出したくない。

こんな風にお考えの方は、一度無料調査を依頼されてみてはいかがでしょうか?

1日先着10名様までしか依頼できないので、お早めに依頼されてみて下さい。