子どものいじめにお悩みの親御様へ
8割の人が間違える!
いじめられている子どもとの
正しい会話術
子どものいじめ対処法はコレ! いじめ専門カウンセリング

こんなことで悩んでいませんか?

子どもがいじめられていると告白してきたが、 どう反応すれば良いか分からない
いじめ加害者が いじめを止めない
学校がいじめに取り合ってくれない
子どもが 不登校になりかけている
子どもに どう接するのが正しいか分からない

もしいじめの対処法がわかれば
こうなります!

子どもがいじめに うまく対処できる ようになる
自信を持って子どもに話しかけられる
いじめについて 堂々と子どもと話し合う ことができるようになる
子ども自身が いじめられていることを責めなくなる
引きこもりにならず に、堂々と生活できるようになる
楽しく学校に行ける ようになる
子どもの笑顔 が取り戻される

しかし、ほとんどの人は
いじめに上手く対処できません

本来、 正しく子どもと向き合い、いじめに対処すれば先ほどご紹介したような 明るい未来を作れます。  

しかし、いじめに向き合うことは人生で初めての出来事です。

初めて起こることに対して、正しく対処することができないのは当然です。

しかしそのままでは、 あなたの子どもがいじめられ続け、 我慢しながら学校に行き続ける生活を送らざるを得なくなって しまいます。 

対処法を知らずに放置すると・・・

今の状況のまま、 正しいいじめへの対処法を知らずに我流で進んでしまうと、最悪の場合このようになってしまう可能性が高いです。 

学校に全く行かなくなる
勉強に追いつけず、 中学・高校に進学できなくなる
不登校になり、 引きこもりの生活を送る ことになる
就職せず、ニートの状態に なる
友達ができず、 孤立してしまう
外に出たがらず、 1日中部屋から出てこなくなる

手遅れになる前に
専門家を頼りましょう

いじめがこのまま続き、正しい対処法も分からないままだと、このようになる可能性が非常に高いです。

最悪の状態になってから挽回するのは非常に難しい のが実情です。

そこで今のうちに、 いじめ専門家に正しい対処法を聞き、対処することで最悪の状態を避けることができます。 

しかし、いじめへの対処法がわかる専門家は日本国内では数人しかいないのが現状です。

数少ない専門家ですから、普段は表舞台に出ることはあまりなく、行政の裏側などで活動されていることが多いです。

しかし、あなたのような厳しい現状を何とかしたいという想いに共感いただき、 今回 佐藤城人さん にご協力いただけることになりました。 

佐藤さん自身、 いじめを受けた経験 があり、 さらにはアルコール依存症にもなったほど人生のどん底を味わってきました。

そこから正しい対処法を身につけ、今では累計3,000人以上の方のカウンセリングを行ってきています。

今回、 いじめドクターでは佐藤さんをお迎えし、 あなたのいじめ相談を受け付ける ことになりました。 

専門家に聞いてわかる3つのコト!

【1】子どもとの関わり方

いじめを受けている子どもの心情は非常に複雑で繊細です。

間違った話し方や関わり方をすると、 あなたの信頼がなくなり、口を閉ざして しまいます。

一方で 上手な関わり方をするといじめについて積極的に話してくれるようになり、 円満解決 に向かいます。 

あなたの子どもの性格や現状を踏まえて、どのような対応をするのが一番良いのかをお伝えします。

【2】学校との関わり方

いじめ問題はあなたの家庭内だけで解決するものではありません。

多くの場合、学校の協力があってようやく解決するものです。

しかし、 学校には いじめ解決ノウハウはありません。  

先生もあなたと同じようにいじめの対処法に悩んでいます。

ここで学校が間違った対応を取ってしまうと、いじめがエスカレートしてしまいます。

学校側にも正しいいじめの対応をしてもらうために、 あなたも含めて学校とどう動くべきか をお伝えします。

【3】加害者との関わり方

一番手っ取り早くいじめを解決するためには、 いじめの加害者にいじめを止めてもらう ことです。

すぐにいじめがなくならなくても、徐々にいじめの度合いを下げることも可能です。

しかし、いじめっ子の性格や現状によって相手とどう向き合うか、対処するかは千差万別です。

相手の性格と現状を踏まえて、 どう対処するべきか をお伝えします。

いじめ専門家の相談料は?

最後に、 いじめ専門家である佐藤さんへの相談料 についてお伝えします。 

その前に、もし仮にこのままいじめを上手く対処できずに今後も引きずり続けた場合を考えてみましょう。

いじめを受け続け、勉強に嫌気がさせば中学や高校に進学できなかったり、就職できなかったりするでしょう。

最悪のケースの場合、一日中部屋に引きこもり、30歳40歳になっても一度も仕事をしたことがないということになりかねません。

引きこもりになった場合、引きこもり脱却サポートという選択肢はありますが、 300~500万円が相場 です。

引きこもりサポートを使わなかったとしても、上手く就職できれば年収200万円、300万円が入っていたにも関わらず、本来手に入った年収も無くなってしまいます。

もちろん1年だけではなく、5年10年と年収0円ですから、 最低でも1,000万円〜2,000万円の給料が受け取れなくなって しまいます。

しかし、 いじめ専門家に対処法を聞き、今うまくいじめと向き合い、脱却できれば中学・高校に進学し、就職し、500万円、600万円と給料をどんどん稼ぎ、 自立した大人 になれます。 

そう考えれば、 将来の500万円の給料、そして自立した大人になるために20万円、30万円と払うのは簡単なはず です。

むしろ、将来引きこもりにならないのであれば、今100万円払ってもお得なくらいです。

しかし、できる限り多くの方のいじめを救いたいという佐藤さんと私の思いがあるので、非常に手を出しやすい金額に設定しました。

1回1時間の相談を1.5万円(税込) にて承ります。

今後の流れ

お申し込み

お支払い

日程調整

カウンセリング日確定

Zoomにてオンラインカウンセリング

プロフィール

高橋拓真 いじめドクター代表
中学時代に卓球部でいじめを受ける。
学校の先生にも取り合ってもらえず、親にも伝えることができない3年間を過ごす。
私と同じような境遇の人を減らしたいという想いでいじめ解決情報メディア「いじめドクター」を立ち上げる。
現在はいじめ専門カウンセラーと共に、日本のいじめ問題解決に向けて取り組んでいる。